垂らして使用しよう | 自由気ままな猫のノミダニ対策はフロントラインプラスで

垂らして使用しよう

ボトルから零れ落ちる白い錠剤

フロントラインプラスを猫に対して使用してあげたい、そう思ったのであれば、フロントラインプラスの使用方法を勉強しましょう。
実はフロントラインプラスというのは、通常のペット用医薬品に多く見られる、口から摂取するタイプの医薬品である経口薬とは違い、身体に対して薬液を垂らし、皮膚から浸透させる「スポットオン」と呼ばれる種類の医薬品なのです。
そのため、使用する際にはきちんとスポットオンタイプの医薬品の使用方法や注意点など覚えておく必要があるのです。

まず、このフロントラインプラスというのは皮膚から薬を浸透させるので、使用する際には体毛に薬液が付着しないように、毛をしっかりと掻き分けて地肌を露出させてあげる必要がある、というのをおぼえておきましょう。
体毛に薬液が付着してしまった場合、薬が身体に浸透しない、もしくは浸透するまでに時間がかかる場合があるのです。
また、このフロントラインプラスというのは非常に強力な医薬品なので、誤って猫が舐めてしまうと、最悪の場合命を落としてしまう可能性もあります。
なので、使用する際には肩甲骨の間などの舌や脚が届かない場所に薬液を垂らしてあげるようにしましょう。

猫は非常に体が柔らかく、時にはこんな場所まで脚や舌が届くのか!と驚くような場所まで毛づくろいの時に舐めている事もあります。
なので、もしフロントラインプラスを使用する時に、この場所に対して使用して大丈夫だろうか……と不安に思ったのなら、一度猫の毛づくろいの様子を観察し、どこまで舐めているのか、どこはなめていないのか……というのをチェックするようにしましょう。